占いの種類

★占術は3種類

 占いの種類を大きく3つにわけると、命(めい)、卜(ぼく)、相(そう)になります。 以下、それぞれについて簡単にご説明させていただきます。
 

  鑑定を受ける人の生年月日や星座、干支などの情報をもとにして、高度に体系化された数的な仕組みで解釈し、その人の運命を見定める占術。
 

  占術に用いる特殊な道具によって人を占う方法。道具だけあればよいというものではなく、真に占いに使用する為には熟練の技を必要とする。
 

  被鑑定者の外形やオーラなどの、表にでてきている媒体を通して占うもの。特別な力を持つ占い師以外には全く目に見えない媒体も多い。
 

 また近年においては、上記の分類にあてはまらないものも数多く生み出されてきています。古典的な占いの定義には入らなくとも、私たち一般の人の心を癒してくれるものであるならば、占いと同時に知っておいて欲しいと思います。

 そこで、このサイトでは  という項目を用いてご紹介しています。この4文字を合わせて「命卜相癒(めいぼくそうい)」となります。いろいろな占いの種類を知って、あなたにぴったりの先生を探してくださいね。